FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃え尽きるまで(後編)

しかし、背後のロープによりダウンすることが許されず反動により再び理保の
制空権へと飛び込んだ。
理保のウェービングから繰り出す左右のフックの連打が男の頬を打ち抜く。男
はその度に汗と血を撒散らした。更にマウスピースを失い、保護される事のな
い男の歯が折れ、口から飛び出した。
男は必死に理保の攻撃に耐えながら反撃の機会を窺う。遂に理保のフックの雨
が止み男に反撃の機会が訪れた。
男はワンツーからの左フックを放つ。しかし、ウェービングとダッキングを駆
使し理保はそれをかわした。そこへ男が右アッパーを繰り出す。
理保は男の最初のアッパーと同様に身体を捻ってやり過ごすと最初に繰り出し
た同じ要領で右のボディアッパーを放つ。男の鳩尾を捉えたその一撃は更に、
一瞬ではあるが男の身体を浮き上がらせる。
横隔膜を突き上げられ呼吸困難に陥った男は必死に酸素を求め魚の様に口を開
閉させるとそのまま前へと崩れ落ち芋虫の様にダウンした。

男の全身を苛む痛み。しかし、男はその痛みに魂を熱く燃え上がらせていた。
圧倒的な強さを持つ者との最後の闘い。それこそが男が求めていたものだっ
た。唯一の思い描いていた闘いと違ったのは殆ど反撃を許されない事。
だが、男はそれでも満足している。予想を遥かに上回る理保の実力に男の渇き
は満たされた。
男はその実力を更に身体に刻むために震える膝を叱咤し立ち上がった。そして、
重荷と化した両腕を構える。そんな男へ対し理保は拳を振るい始めた。
流れる様な理保のコンビネーションが何度も男を捉える。それは的確に上下へ
と打ち分けられ、或いは連続して同じ急所を捉える等の様々な変化を見せた。
こめかみ、頬、顎、心臓、肝臓、鳩尾、肝臓、様々な急所にストレート、フッ
ク、アッパーと種々のパンチが打ち込まれる。
時折、男は反撃を見せるものの理保はウェービングとダッキングを駆使し男の
パンチを避けてはコンビネーションを再開した。

続きを読む

燃え尽きるまで(中編)

男は目の前に立つ戦闘マシンの冷徹さと獣の闘争本能を同居させた理保に対し
攻撃を仕掛ける。
左のリードジャブからの右ストレート、左フックと男は矢継ぎ早に拳を繰り出
す。対する理保はウェービングでワンツーをかわしフックをダッキングで避け
る。
そんな理保に対し男は右のアッパーを繰り出した。しかし、それを理保はダッ
キングした状態から右に身体を捻ってかわす。
男の身体が伸びきったその時を狙い理保はリングを蹴り、たわめた身体の力と
回転を利用し右アッパーを繰り出した。男はそれを後ろへ身体を反らし避けよ
うとする。
しかし、男のディフェンスは理保のアッパーをかわしきれず打点をずらせるの
みにとどまった。
男はその拳に戦慄する。それは流れによってはフィニッシュブローになる一撃
だった。

男は仕切り直そうと後退を試みる。しかし、理保はそれに食らいつき左ジャブ
を起点としたワンツーストレートを放った。それは見事に男の顔面を捉える。
男は次に来るであろう左の拳を警戒した。だが、男を襲った次の衝撃は予想を
裏切りワンテンポ、遅れてから右の頬を抉る。
右のストレートから右フック。それは同じ腕で二度、攻撃を放つダブルコンビ
ネーションだった。
理保がボクサーとして大成した理由。それは運動神経の良さだけではなく相手
の動きを攻撃、防御を問わず見切る能力に長けていた事もあった。
敵の視線、僅かな筋肉の動き、体重移動、フットワーク。様々な要素が絡み合
い無限とも言える選択肢の中から正解を導き出す。今のダブルコンビネーショ
ンもその賜物であった。

続きを読む

燃え尽きるまで(前編)


窓の外からネオンの輝きが覗く深夜のボクシングジム。そのリングの上で一組
の男女が向かい合っていた。
「良いんですか?こんなの…」
そう口を開いたのは女の方だった。その口調は安否を気遣うものではなく最後
の確認と言った感がある。
「ああ…構わない。君も判っているはずだ」
女の問いに男は答える。男のその口調にも表情にも動かしがたい決意が見て取
れた。その言葉に女は静かにグローブを差し出す。対する男もそれに倣った。
二人のグローブが合わさると互いにファイティングポーズを取る。
女は双葉理保。現役のグラビアアイドルであり、女子ボクシングフライ級の世
界王者として君臨している。そのデビュー当初は話題先行と批判を受けたが相
手に打たせないディフェンスと対戦相手を確実にKOするパンチ。そして、連
勝記録と防衛記録を延ばしその意見を封じ込めた。

理保がボクシングを始めた理由。それはレギュラー番組のあるコーナーで様々
なスポーツに挑戦する企画だった。暢気な性格とは裏腹にスポーツ万能な理保
はそのコーナーでボクシングへ挑戦した折りに意外な才能に気付く。
今、理保が所属しているジムとは別のジムで行われた企画の最終段階。男子プ
ロボクサーへパンチを何発当てられるかと言う場面になり理保のパンチは予想
以上にその男子ボクサーへパンチを当てていった。
そして、男は理保の予想外の攻撃に防御へ徹するという条件を忘れ思わず手を
出す。
しかし、理保はそのパンチをウェービングでかわすとカウンターパンチを男に
入れる。男をダウンさせる事はなかったものの、その光景は偶然と言うにはあ
まりにも鮮烈すぎた。その結果、理保はボクシングへとのめり込んでいった。

続きを読む

白い疾風

人気のない石畳の街道を一人の旅人がゆっくりと歩みを進めている。マントを
羽織りフードを目深に被ったその姿からは身分をうかがい知ることは出来ない。
そして、街道の脇に広がる茂みにはそんな旅人の姿を追う二人の男の目があっ
た。
その男達は音もなく茂みの中を素早く移動する。何れの男もその手に武器を持
ち、革鎧に身を包んでいた。
その男達はこの街道を行き来する者達を狙う追剥ぎだった。彼らは今、街道を
行く旅人を襲う機会を計っている。
そんな男達に彼らと同じ恰好をした一人の男が現れ合図を送る。それはこの先
に待ちかまえている仲間達からの知らせだった。
今、この街道を行く者はマントを羽織ったこの旅人のみ。男達はこの先で待つ
仲間と合流し次第、計画を実行する事にした。
だが、その旅人は男達の存在に気付いていた。そして、後を付けてくるその人
数までも把握していた。

旅人の前に武装した三人の男が現れる。その様子に旅人はフードの奥で笑みを
浮かべた。そんな旅人に男達は武器をちらつかせながら威嚇する。
その内の一人が旅人へと歩み寄った。それを合図に旅人を背後から追っていた
三人の男も退路を断つように街道へと現れた。
「金目の物を置いていけ。そうすれば命までは取らない」
旅人へ歩み寄った男がお決まりの口上を並べる。しかし、旅人はその言葉に反
応を示さなかった。
「聞こえないのか?金目の物を置いていけと言っているんだ!」
男は語気を荒らげながら旅人のフードをおろす。そこには太めの気丈そうな眉
と少々つり上がった目が印象的な女の顔が在った。
「ほう…中々の上玉じゃないか…なんだったら、身体で払って貰っても良いん
だぜ」
男は下卑た笑みを浮かべると女の顎をなでながらそう言う。そんな男に対し女
は頭突きを見舞った。鼻梁を潰され鼻血を吹き出しながら男はよろめく。女は
その頭を掴むと力任せに石畳へと叩付けた。

続きを読む

twitter
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。