FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジマッチ

男の鳩尾を拳が突き上げると男はそこで限界を迎えた。膝から崩れ落ちそのま
ま蹲ると血と吐瀉物をぶちまける。
男の右目は目蓋が腫れ上がり既に視界を奪われている。口の中は切れ、鼻も潰
れており、顔の至る所には痣が出来ていた。無論。身体も打たれていないとこ
ろを探す方が難しかい。
「今のボディ、結構効いたかな?」
男は痛みに耐えながらその顔をゆっくりと上げた。視線の先には超名門と言わ
れるお嬢様学園高等部の制服に身を包んだスレンダーな体つきの少女が、ファ
イティングポーズを取っている。その少女は中性的な顔立ちとショートヘアで
活発そうな印象を与えてる美少女だった。おそらく異性、同性問わずに好かれ
るタイプ。その先には突然、現れた少女の鋭いストレートで鼻を打ち抜かれ気
絶した男の後輩が血溜りの中に倒れている。

男は必死に立ち上がろうとしたが身体は全く言うことを利かなかった。立ち技
系のプロ格闘家であり、その王座に就いている男は年端もいかない少女に一方
的に打ちのめされ、完膚無きまでに叩きのめされると言う屈辱と少女の圧倒的
な強さに身を震わせる。そんな男の脳裏にある噂が浮かんでくる。
「まさか、この女が…いや、そんなはずはない。しかし、俺の胴回し回転蹴り
を…違う、どこかで練習していたに違いない」
男の脳裏に浮かんできた噂は男の思考を支配し自分の置かれている状況もそれ
までの心境も忘れさせた。
「もう終り?つまらないなぁ」
少女は男がぶつぶつと呟いている様子を見てそう漏らすと右足を大きく振り上
げた。男の頭頂部へと踵を振り下ろされ、踵が男を噛砕かんとする巨竜が如く
襲いかかる。
「また付き合ってね、よろしく!」
男は薄れゆく意識の中で上機嫌でそう告げる少女の声を聞いたような気がした。

続きを読む

女王と道化師 後編

激しい打撃音が響き渡り、糸が切れた操り人形の様にジョーは膝をついた。
だが、ジョーの身体は驚異的な回復力を発揮しぼやけた視界と途切れた意識を
再接続し、抜けた力を四肢へと行き渡らせ立ち上がる。
自分よりも格下と侮っていた女に膝をつくことになったジョー。その表情から
余裕は失われていたが、焦りの色は無い。しかし、怒りに満ちていた。
「Come'on baby」
立ち上がりはしたものの構えも取らずにいたジョーに対しキングは構えを解き
片手を腰に当て手招きをする。その態度にジョーの怒りが頂点に達した。
雄たけびを上げ本能だけで次々と攻撃を繰り出すジョー。その攻撃をキングは
舞うが如きの華麗さで避けていく。
しかし、ジョーは無尽蔵とも言えるスタミナを発揮し攻撃を緩めるどころか加
速させていった。キングはそんなジョーの攻撃に割り込むと顔面に肘を叩き込
んだ。

続きを読む

女王と道化師 前編

「アンタもムエタイを使うんだってな?」
髪の毛を逆立てにセットしボクサートランクス姿の男が目の前に立つ、金髪ショ
ートヘアのスーツ姿の美女に向かって挑発的な態度でそう言った。
男の名はジョー・ヒガシ。現役のムエタイ王者である。一方の美女はキングの
通称で呼ばれ、過去に性別を偽り裏社会で用心棒と生きてきた女格闘家である。
「ありがたく思えよ、王者であるオレ様が相手をしてやるから」
単身、ムエタイの本場であるタイに渡り長年、修行してきた余裕からかジョー
は尊大な態度でそう言うと馬鹿笑いを始めた。キングはそんなジョーの態度に
呆れた表情を以て応える。
しかし、ジョーはそんなキングの様子を気にも留めず尚も馬鹿笑いを続けてい
る。そんなジョーに放っておけば何時までも試合が始まらないと思いキングは
ファイティングポーズを取った。


続きを読む

twitter
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。