FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the younger sister's elder sister

通い慣れたボクシングジム。
オレは今日もこのジムで一段、高い場所から様々な練習生がそれぞれトレーニ
ングに励む光景を眺めていた。
それは何時もの見慣れた風景。だけど、オレはその様子をいつになくそわそわ
しながら眺めている。
一日の練習の後、締めのスパーリング。これも毎度のトレーニングメニュー。
でも、今日の相手はヒカルではない。用事があると言って来られなくなったヒ
カルの代役を買って出た海晴。
オレにとってその申し出に意外さを感じたけど、ヒカルはそれを聞いた途端に
難しい顔をしながらこう言った。
「海晴姉はああ見えて六年以上やっている。当然、私よりずっと強いからな」
以前、ヒカルはジムの男は自分相手に真剣にならないと言っていたがその理由
がヒカルの強さだけではないような気がしてきた。
それと同時オレはヒカルの言葉に疑問を感じた。ヒカルが家族を守るために強
くなったと言う話は天使家へ入るときに聞いたけど海晴まで強いなんて…
そんな疑問がオレの顔に出たらしくヒカルはオレの察しの悪さにため息をつき
ながら更に言葉を続けた。
「オマエ、バカだな。海晴姉が私と同じ事を考えてもおかしくないだろう」
オレはその言葉に頭をかきながら苦笑した。
ヒカルの言う通りだ。大人数の姉妹の長女なら妹たちを守りたい。そう思う事
があってもおかしくないだろう。
ただ、それがボクシングという意外な方法だっただけのことだ。オレはそこま
で考えて突然、納得してしまった。
なんだかんだ言って姉妹なんだ、海晴もヒカルも。姿だけではなく考えも似て
るんだからと。

オレが今朝の風景を思い出していると海晴がリングへと上がってきた。
腰まである長い髪を後ろで束ね、スカイブルーのタンクトップにマリンブルー
のトランクス。手には太陽を思わせる紅のグローブ。
朝のウェザーニュースに出演するパステル系のスーツとは違う勇ましい姿。
それは海晴の魅力と相反するものだったけど、いや相反するものだからこそ海
晴の色香を際だたせていた。
先程までの落ち着きの無さを忘れ思わず海晴に魅入っているオレ。そんなオレ
に海晴が声をかけてくる。
「どう?中々、似合うでしょ。私の名前をイメージしてみたの、これ」
その言葉にオレは成程と納得する。晴れた空、蒼い海、真っ赤な太陽。全て海
晴の名を表わすものばかり。
そこまで考えてオレはふと別の考えが浮かぶ。こんな恰好すると言うことは自
分の強さに自信があるんだよなと。
そこでオレは弛んでいた気持ちを引き締めた。他の練習生から強くなったとは
言われるものの未だヒカルには及ばないオレ。
そして、そのヒカルが自分よりもずっと強いという海晴。そんな海晴が相手を
してくれるのだから普段とは違う姿にみとれて浮ついた気持ちではいられない。
オレがそう思ったところで海晴が再び声をかけてきた。
「その顔は戦闘準備OKって感じね。それじゃ、始めましょ」
海晴のその言葉に俺たちは互いにファイティングポーズを取った。

続きを読む

ミニゲーム 後書き

女の子に顔面パンチされたいスレに投稿した作品です。
これもスレの流れでムラムラと来ましてw
モデルはBOXER M@STERのあの娘です。

ミニゲーム

「それじゃ、始める前にもう一回、ルールの確認をしますね」
ヘッドギアした青年は前に立つ活発そうな少女の言葉に頷いた。
「まず制限時間は三分、三ラウンド。お兄さんがその間にボクにパンチを当て
られたらそこでゲームは終了。パンチを打つときは必ず1発ずつ。外したらボ
クは反撃をします。お兄さんが空振りする度にボクの反撃の数は増えていきま
すから注意してくださいね。それから、ボクにパンチをガードさせた時はそれ
までの空振りの回数はリセットしますね」
青年は少女のルール説明に更に頷き返す。
「そうそう、ボクからの反撃はガードしても良いですし避けても良いです。勿
論、ボクの反撃中に手を出してもOKですよ。良い練習になりますし」
そう言うと少女は微笑んだ。ボーイッシュな雰囲気が一転し年頃相応の少女の
可愛さが前面に出る。青年はその表情にどきりとしたがそれを隠しつつ、また
頷いた。
「あとは、ルール違反した時は痛いですよ~。それだけは注意してくださいね。
それじゃ、始めますよ」
少女はそう言うとグローブを着けた拳を構える。そして、青年も同じように構
えを取った。
「えへへっ!ボクは強いですよ~。油断しないでくださいね~」

青年はゲーム開始と同時に一気に間合いを詰めるとジャブを放った。その一撃
は鋭く良くスピードが乗ってると言える。しかし、少女の読みと反応速度はそ
れを上回った。少女の反撃の鋭いジャブが青年の頬を捉え、僅かに脳を揺さぶ
る。
青年はその攻撃に怯まずストレートを放つ。だが、少女はそれを身体を捻りな
がらダッキングしてかいくぐるとボディアッパーで青年の鳩尾を突き上げ、逆
の拳を顎へ突き上げた。
何とか、青年は少女のアッパーを身体を反らせてやり過ごすと負けじとアッパ
ーを繰り出す。それに対し少女はバックステップで一端、距離を置きステップ
インをしながらストレート、ボディフック、フックのトリプルを青年に叩き込
む。
青年はその三連打の耐えると渾身のフックを放った。少女はそれを身体を沈ま
せて避けるとフック、アッパーと青年の腹部を攻め立てる。青年はその攻撃に
耐えきれず顎を下げた。そこへ少女のアッパーが襲いかかり身体が完全に伸び
たところを強烈なフックが青年の頬を捉える。その攻撃の前に青年はダウンを
喫した。

続きを読む

Serious fight

リングの上で美少女と言う表現が相応しい白く繊細な顔の少女が力強い視線で
対戦相手の男を見つめていた。
少女の名前は天使ヒカル。高校生になったばかりではあるが、本人にその気さ
えあればプロボクサーのライセンスを直ぐにでも取得できる実力の持ち主であ
る。
しかし、ヒカル当人は自分が強くなった証として執心していたのはプロのライ
センスではなくリングの対角線上に立つこのジムで若手一番と言われている青
年を倒すことだった。
ヒカルと青年は今まで何度となく拳を交えてきたが互いに本気になる事なく過
ごしてきている。いや、正確には本気にならない青年に対しヒカルも持てる力
を発揮する事がなかったと言うべきだろう。
真剣にならない相手に対して自分も真剣になっても仕方がない。ヒカルはそん
な思いを抱いていたがある少年との試合でその考えを改めさせられた。
その少年はヒカルが自分よりも強いと判っていながら全力でヒカルに向かって
きた。そして、ヒカルもそんな少年に本気で応えた。
試合の結果は言うまでもなくヒカルの圧勝。だが、その試合はヒカルにとって
勝利以上の意味をもたらした。
自分が本気になれば、相手も本気になる。その事実に気付いたヒカルは今日こ
そ青年との真剣勝負を果たすつもりだった。

続きを読む

課外訓練

とある軍事施設。警務隊等の一部を除く者達が娯楽に興じる時間。その中で一
人の青年下士官はトレーニングルームへと足を向けた。その青年の階級は軍曹。
青年は特殊作戦群への入隊を希望しており通常の訓練以外の時間も自主的に訓
練を重ねている。
廊下ですれ違う上官や同僚と挨拶を交わしトレーニングルームに青年が辿り着
いた時、そこには珍しい先客がいた。トレーニングウェアに身を包んだグラマ
ラスな長身美女が格闘戦の訓練に使用する厚手のフィンガーレスのグローブで
サンドバッグを叩いている。
その美女の名はフォルテ・シュトーレン。この基地に所属する大隊の指揮官で
あり戦闘機による空間戦闘と射撃戦等、様々な戦闘術のエキスパートとして知
られていた。また、優秀な指揮官であると同時に士官という立場にありながら、
兵へと気さくに声をかけ、姐御と慕われる存在でもある。

「軍曹か?御覧の通りこの部屋は貸し切りだ。好きに使って良いぞ。サンドバッ
グ以外はね」
フォルテは一瞬、青年へと視線を向けただけでサンドバックを叩き続ける。蹴
りは使わず拳による打撃を繰り返し、その合間に相手の攻撃を想定した様々な
ディフェンスとフットワークを織り交ぜる。青年はその見事な様に思わず声を
かけた。
「中佐、お見事です。戦闘術のエキスパートとは聞いてましたがまさか格闘術
までお出来になるとは」
フォルテは青年の言葉に耳を傾けながら体重の乗った拳を次々とサンドバッグ
ヘ打ち付ける。
「別に秘密にしていたつもりはないさ。それに生き残る術が一つでも多いに越
した事はない。そうだろう、軍曹?」
そう言うとフォルテは左ジャブを起点としたワンツーから左ボディアッパー、
右アッパーと連携を繋げ左右のフックでサンドバッグ打ちを締め、青年の目を
見つめる。
「確かに。有人惑星の戦闘で敵勢力下に何らかの事情で取り残された場合を想
定したならば有効と言えます。救援を待つにしても脱出を待つにしても」
青年はフォルテの視線をまっすぐに受け止めながら答えた。

続きを読む

twitter
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。