FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育的指導

とある格闘技のジム。そこで一人の青年が女性に注意を受けていた。
「健太郎くんさ、そろそろタックルの切り方とかグラウンドの攻防、蹴りの対
策を覚えた方が良いと思うんだけど」
一見、格闘技とは無縁そうなモデルのような顔立ちの美女がそう言う。
彼女はかつてキックボクシング、総合格闘技共にフェザー級のベルトホルダー
であったが、今ではこのジムでインストラクター兼トレーナーとして過ごして
いる。
「しつこいっすね、亜理沙さんも…」
健太郎と呼ばれた青年は不快感を露にしそう答える。
デビュー以来、破竹の勢いで世界を制したミドル級ボクサーだったが
「パンチしか打って来ない相手はつまらない」
との不遜な発言を残しボクシングから総合格闘技へと転向した経歴の持ち主で
ある。
そして総合格闘技デビュー以来5戦。その全てをパンチだけで征してきた健太
郎はこのままパンチだけでこの世界を取ると息巻いていた。
俗に言う天狗と言われる状態。無論、このジムに所属する健太郎の先輩格の選
手たちは彼に対して苦言を呈してきたがその効果は無かった。
総合格闘技では健太郎以外の選手は先達であるとは言えプロ格闘家としての経
歴は健太郎の方が長い。そんな背景もあり健太郎の説得はトレーナーやインス
トラクターの役目となった。

しかし、それらの者達も殆どが健太郎の説得を諦めつつある。結局は実際に負
けを経験しなければ自分の過ちを認めないだろうと。
「今度も組ませずに勝ちますから」
健太郎がいつもの決まり文句を言うと亜理沙の手が閃いた。
その手が健太郎の眼前で握り拳と言う形で止められる。突然の亜理沙の行為に
何の反応もできずに立ち尽くす健太郎。
「今のが見えてないんじゃ…組まれずに試合を終えるどころか打撃で秒殺され
て終わりね、次の試合は」
淡々とした口調で亜理沙はそう告げると拳をおさめる。
「リングの上ならこんなのかわしてみせますよ」
亜理沙の一言に健太郎は憤然とした表情で答える。
「OK、だったら証明して貰おうかな。これから」
悪戯っぽい笑みを浮かべながら亜理沙が健太郎に告げる。その言葉にしばらく
黙り込む健太郎。
やがて、健太郎は無言でグローブとニーパッド、レガースを用意し始める。
その様子を見た亜理沙は早速アップを始めた。
二人の間に張り詰めた空気が流れ始める。それはただのスパーでは済まない緊
迫感が満ちていた。

続きを読む

twitter
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。