FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拳闘勇姫

 多くの観衆が集い津波のような歓声が響き渡る円形闘技場。
 その中心部に筋骨隆々の男が立っている。男は無敵と謳われた拳闘士。その鍛え上げら
れた肉体には入れ墨が彫り込まれていた。
 拳闘士の視線はせり上がってくる昇降機に乗った挑戦者へと注がれている。
 昇降機の上には足許まで覆われたローブ姿の挑戦者の姿がある。フードを目深にかぶり
その顔までうかがい知ることは出来ない。一つだけ言えるのは拳闘士よりも小柄な体格で
あると言う事実だけであった。
 昇降機が止まると歓声は更に大きくなる。挑戦者はその声に応えるようにローブを脱ぎ
捨てた。
 拳闘士の前に姿を表わしたのは金髪碧眼の勝ち気な眼差しが印象的な美女だった。
 彼女の名はカサンドラ・アレクサンドル――神の加護を得られた者のみが体得できると
言われる聖アテナ流の女剣士である。だが、剣を帯びている様子はない。
 無論、拳闘士もその勇名は耳にしていた。しかし、剣士であるカサンドラが何故、この
場にいるのか、何故、武具を持っていないのか理解に苦しむと言う風情で佇んでいる。
「あら、私が相手だとは聞いてなかったみたいね」
 拳闘士の表情を見るなりカサンドラは可笑しくて堪らないといった口調で告げる。
「貴様の勇名は聞いている……だが、俺と拳で闘おうというのか?」
 拳闘士の問いかけに対しカサンドラは拳を閃かせた。白い手袋に覆われた拳が閃光のよ
うに疾り拳闘士の眼前で止まる。
「面白い……この勝負、受けて立とう」
 カサンドラの鋭い拳の前に拳闘士は歯を剥き出し笑みを浮かべた。それは獲物を見付け
た肉食獣を思わせる表情であった。

続きを読む

twitter
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。