FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒトミVSジャン・リー

 デッド・オア・アライブの試合会場の一つであるとある道観でジャン・リー
は対戦相手が現れるのを待っていた。
 身体を暖めるために屈伸や跳躍を繰り返すジャン・リー。炎をあしらった功
夫着の下履きとリストバンド、靴のみを身につけ露になった上半身は無駄なく
鍛え抜かれていた。
 ひたすら強敵を求め彷徨う男ジャン・リー。ジークンドーの道を極め用心棒
まがいの仕事を重ねながら街から街へと流浪する日々。
 ジャン・リーは常に戦いに飢えていた。そんな彼がデッド・オア・アライブ
に参加したのは未だ見ぬ強敵を求めての事だった。
 そんな、ジャン・リーの前に十代後半と思しき銅色の髪、碧眼の少女が現れ
る。その顔立ちは東洋人の面影が見て取れる。
 その少女の正体はヒトミと言う名の空手家だった。日本人とドイツ人のハー
フであり父はドイツの空手界の重鎮である。そして、ヒトミは十八歳という若
さで、その父を超える実力を身につけていた。
 しかし、その服装はタンクトップにジーンズと武道家には似つかわしくない。
 ジャン・リーは何者かと問いたげな視線をヒトミに投げかけると、その拳が
拳サポーターで覆われていることを確認した。
 どうやらこの少女が対戦相手らしい。ジャン・リーはそう認識すると「来い」
と無愛想に呟くと構えをとった。
「お願いします!」
 ジャン・リーが構え終えるとヒトミは一言、挨拶をしてから構える。
 二人の戦いの火蓋は静かに切って落とされた。

続きを読む

twitter
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。