FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タッグ・マッチ

俺のタッグパートナーは完全に伸びている。
さっきのツープラトンでのリバース・パワーボムで気を失ったようでピクリとも動かない。
そして俺はダブル4の字固めで今にも落ちかけている。
俺は頭がぼうっとしてきて、軋む足の痛みを感じなくなってきていた。
俺達を完膚なきまでに叩きのめしたタッグチームの名はナムコ・エンジェル。
アイドルユニットだ。
俺達はこのカードを聞いた時、何を馬鹿なことを言っているのかと憤慨した。
しかし、実際にリングに上がった途端に俺達は動けなくなった。
ショートカットの女の穏やかな笑顔、銀髪の女の不敵な佇まい。
その存在感に圧倒されてしまった。
まるで新人の頃にトップレスラーと対面した時のように。
もちろん、試合の方も一方的だった。
がむしゃらに組み付いたまではいいが尋常ではない圧力に負け、身体がすくみ技をかけるどころではない。
逆に女たちは俺達が技の練習台と言わんばかりに様々な技を次々とかけてくる。
何度もマットに叩きつけられ、蹴り倒され、殴り飛ばされ、締め上げられた。
俺達が女だ、アイドルだと馬鹿にしていた二人は王者の、いや女帝の風格を以って俺達を圧倒し続ける。
そして、観客達は女達の闘いぶりに熱狂していった。
俺達にブーイングや野次の一つでも飛べばまだ、自分達の存在が認められている、闘えると思っていた。
だが、俺達の存在は無視され女達への声援のみが耳に残る。
ただでさえ、風格に気圧され、肉体的に傷めつけられたところにそれは堪えた。
俺達は意気消沈しこの場を逃げたくなった。
しかし後々、アイドルユニット相手に逃げた男達と誹られるも闘って負けたと詰られる方を選んだ。
もっとも、その選択は今ではどうでも良くなっている。
首筋を締め上げ、足を軋ませる女達の肉付きのいい脚の感触に俺はこれ以上もない屈辱感に苛まれていた。
マットに叩き付けられ気を失ったパートナーを俺は羨み、恨みが俺の胸の中で渦巻く内に俺は意識が薄れていく。
俺の手は首を絞めあげる女の手に添えるだけでギブアップの意思を告げる力も残されていなかった。

続きを読む

女教師、夜のレッスン

「今夜はレッスンをするから、遅れないように」
 俺はその言葉に従いある場所へと向った。そこには一人の女教師が待っている。
  女教師からの夜のレッスンへの誘い。高校生には刺激的過ぎる言葉だがそん
な彼女からのレッスンは色香漂う様な代物ではない。 
 ボクシングのスパーリング……と言うよりは実戦そのものである。そして、彼女の
ファイトスタイルは怒涛のラッシュで圧力をかけ相手を一気に叩くと言う代物。ハー
ドなレッスンにも程がある。
俺と彼女の関係。それは担任と生徒、ボクシング部の顧問と部長と言う関係だ。
 ちなみに彼女の担当教科は数学。複雑な方程式を解いたり、理論的に証明を
行なっていく姿とリングに立ったアグレッシブな姿はどうにも噛み合わない気が
していた。 しかし、彼女はそのファイトスタイルは計算ずくだと言う。
 幾度と無く、レッスンを受ける内に俺はその意味にやっと気づいた。
 ボクサーとしての実力、そして場数を踏んできた数はたしかに彼女のほうが上
だ。それでも女にパンチを打ち込まれれば、一方的に攻められてはと熱くもなっ
てしまう。
 彼女のパンチのほうが速いと判っていながらカウンターを狙い手を出すが、俺
のパンチが出来る前に彼女のパンチをクリーンに貰ってしまい、動きが止まった
ところへ更に彼女のラッシュに襲われジリ貧に追い込まれる。
 俺はこの数回はなんとか、それに乗せられまいと努力はしたが彼女の変幻自
在のコンビネーションはガードの隙をつき俺を捉え、結局熱くなり負けパターン
へと追い込まれていた。

続きを読む

金網デスマッチ

 俯せにされ背中を反り返されながら俺はロープへの距離を計る。何とか逃れようと腕の
力で体を持ち上げようとするが消耗しきった俺にはその力は残されていなかった。
 思い返せば試合開始から見せ場を持てないままの展開だった。
 序盤は相手の技をその身で受け止め反撃、そうやってプロレスらしいプロレスを客に魅
せようとしていたが予想以上に重い蹴りでジリジリと追い込まれていく。
 見た目に反して格闘色の強いファイトスタイルに戸惑ううちにハイキックでなぎ倒され
俺はしょっぱいと言われようと勝ちに行くことにした。
 しかし、力押しをすようとすれば逆に相手の技に引きこまれて行く。
 何とか持ち込みかけた技はパワーボムとバックドロップ。だが前者はフランケン・シュ
タイナーで返され、後者は体の向きを変えられ逆にボディプレスで潰されてしまった。
 俺が膝を付いている間に相手がパフォーマンスしているところへラリアットで奇襲もし
たが、女は俺の腕で逆上がりをしてからDDTと相手のパフォーマンスの手助けをしただ
けという体たらく。
 そして、気がつけばリング中央でスコーピオン・デス・ロックを掛けられ、技を返す余
裕もロープへにじり寄る体力も奪われていた。
 俺の足首、膝、腰が悲鳴を上げる一方で横隔膜と気道もその働きを制限され呼吸が苦し
くなる。
 この試合はデスマッチということでギブアップもロープブレイクも許されない。しかし、
俺がロープへ向かうことで相手にまだ俺は体力が残っているというアピールは可能だ。
 そうすれば、相手は技を解き、次の手を考えるだろう。その時、僅かでも逆転の機会が
あるかもしれない。
 だが、現実は俺にその力は残されていない。
 単純に落とそうというのであればもっと相応しい技はいくらでもあるが、この女は敢え
てそうせず、苦しみを長引かせる技を使ってきた。
 ヒールという立場を最大限に利用した責め苦だというのは間違いない。そして、俺の技
を尽く潰し一方的に攻め立てる展開もヒールはベビーフェイスを徹底的に痛めつける者と
言うイメージを利用した手管だったことは確かだ。
 パワーという点では間違いなく俺が優っていた。しかし、テクニックとスピード、何よ
りレスラーとして実力、つまり自分のイメージを最大限に利用し試合を組み立て勝つと言
う点ではこの女のほうがはるかに勝っていたのだ。
 薄れ行く意識の中、そこまで思い至ったところで俺はなにも考えられなくなった。
 その後、俺が目を覚ましたのはカクテル色のライトが彩るリング上ではなく控え室だっ
た。

続きを読む

twitter
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。