FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたのハートをノックアウト

 俺は真に負けてから今まで以上にトレーニングに明け暮れていた。勿論、真
と再戦するために。そこへ試合の申し込みがきた。対戦相手の名は三浦あずさ。
真と同じプロダクションの所属。ふと、俺は拓海の所属も気になり調べてみる
と彼女も真と同じプロダクションの所属。
 俺は拓海と真との闘いを思い出した。俺は拓海を真の様に全てを認めるつも
りはまだ無い。だが、その強さは認めざるを得ない。つまり、あずさも強敵だ
と判断に値する。俺はそう考えトレーニングを進めることにした。
 ロードワーク中、偶然にもあずさと会う機会に恵まれた俺は少しだけ彼女と
話してみた。格闘技とは縁の無さそうなおっとりとした性格。それが俺の印象
だった。
 しかし、リング上で再びまみえたあずさは別人の様に感じた。穏やかではあ
るが自身に満ち溢れた表情。その姿に背筋が凍りそうになる。
 あずさのファイトスタイルはリングの外で会った時に感じた性格とは正反対
だった。次々と重いパンチを繰り出しながら圧力をかけてくる。勿論、そのパ
ンチもただ振り回すのではなく、しっかりと俺のガードを揺さぶり生まれた綻
びを突いてくる。
 下手に逃げようとすればその圧力でコーナーへと追い詰められてしまう。反
撃するにはあずさのハンドスピードは俺が対抗できるかと言えば間違いなく俺
がカウンターを食らう。しかし、ガードを固めているわけにも行かない。そし
て、俺は敢えて打ち合いに応じる事を選んだ。
 予想通りあずさの重く硬い拳がカウンターで俺を捉える。一瞬、意識が飛び
かける俺。そして、その一瞬が俺にとって命取りになった。
 俺が回復する前に次のあずさの重い一撃が襲いかかってくる。その衝撃で俺
の神経は再び麻痺を起こし、その間にまたあずさの拳が叩き込まれる。
 あずさのパンチは爆撃とも言える破壊力を以って俺のスタミナを奪っていっ
た。俺はあずさの絨毯爆撃の様なラッシュに耐えながら止めの一撃を待った。
狙うはカウンター。
 もう一発しかパンチを打てない。そこまで俺が追い詰められた時、機会は訪
れた。止めと言わんばかりに大きく拳が振りかぶられる。俺はそれに合わせて
左のストレートを放った。
 だが、それをあずさは僅かに首を傾けただけでそれを外す。代わりにあずさ
の右ストレートが俺の胸に捩じ込まれた。
 心臓を狙い相手の動きを止めるハートブレイクショット。その威力は俺の胸
骨が軋みを上げるほどのものだった。
「お疲れ様でした」
 あずさは自分の拳に伝わった手応えに俺が持たないと確信する不意に背を向
けた。そして、俺はあずさの確信通り膝から下の支えが無くなったかのように
崩れ落ちる。全身から力が抜け全く力が入らない。意識はあるが身体の自由が
全然効かない。
「あなたのハートをノックアウト…ですね」
 俺が崩れ落ちるのを感じ取りそう宣言するあずさ。俺は素直にあずさとの闘
いに負けた事を認めていた。

続きを読む

銀河最強の拳

 またボディで浮かされた……腹筋を貫き背中拳がから飛び出したのではない
かと錯覚するほどの衝撃が俺の内蔵を押しつぶす。
 今回の対戦相手もアイドルと聞いた時は冗談じゃないと真剣に思った。確か
にこの前の試合でアイドル相手に負けたことは認めるが俺は噛ませ犬ではない
と憤った。
 しかし、対戦相手の名を聞いて俺は考えを改めた。その名は菊地真。800
戦無敗のステゴロ・ザウラーのどんな攻撃も強靭な肉体で受け止めるというデ
モンストレーションをたった一撃で粉砕した少女だ。その後、ザウラーが担架
で運ばれる姿をこの目で見た俺は演技などでは無いと直感した。
 あまりの強さに銀河最強等と気恥ずかしくて名乗れない称号を与えられた彼
を一撃で仕留めた真の拳は銀河最強の拳と言って過言ではない。
 そんな真の格闘家としての才能を俺は計り知れないものと感じ取り、彼女が
格闘技をするならばそれは他の女とは違い本物と認めて良いとすら思っている。
 俺はそのつもりで調整を進めた。
「ボディがガラ空きですよ!」
 せめて一矢報いたい。そんな思いで俺が放った右フックは当然の様にと空を
切る。しっかりと狙いを定め放ったはずの拳を真が躱す気配もなかったのに何
もない空間を打つ。それはこの試合でずっと感じていたことだった。
 そこへ俺を浮かせた真の左のボディ・アッパー。衝撃の後に言い放たれた真
の言葉と共に今度は実態を持った拳が俺の腹筋に埋没し内蔵を噛み砕いていく。
 遂に放たれたザウラーを沈めた拳をその身で噛み締める俺。しかし、それだ
けの一撃を放つ素振りを真は見せなかった。それは放たれたと言うより置いて
あったと表現した方が正しいほどに。勿論、その感覚はこの一撃に限らなかっ
た。試合開始から今まで感じ続けていた事だ。
 今まで蓄積していたダメージに加えザウラーすら一撃で沈める真の拳に耐え
かねた俺は膝をつき身体を折り曲げる。その途上、一瞬だが真の表情が目に飛
び込んでくる。俺はこの状況でもその笑顔が眩しいと真剣に思った。
 スローモーションの様にマットが近づいてくる中、俺は真がこの試合中、い
や、リングに上がってから笑顔を絶やさずにいたのを思い返した。その笑顔は
俺を嘲るわけでもなく侮っているわけでもない。
 持てる技倆を全て発揮し勝敗に拘らず競い合う事が楽しくて、嬉しくてしょ
うが無いと言う純粋な笑顔。
 すぐそばに立っているはずなのに遠くから聞こえるかのような真の勝利宣言
と再戦を希望する声。その声からも笑顔と同様のものを感じた。そして、俺は
真の強さがどこから生まれてきたのか悟った。
 俺達は勝った負けた以外の事は考えない。相手を倒すことが強さの証明だと
信じている。しかし、真からはそんな気持ちを欠片も感じない。勝敗への無欲
さ故にたどり着いた境地。悟りの様なものだ。
 俺達の強さが大海を横断しようと競う合う小舟ならば真の強さは大海そのも
の。だが、大海は荒れ狂い、時に小舟を呑み込んでしまう。それでもきらめく
海原と広がる青空、照りつける太陽は美しい。
 俺は何も手出しができずに真に負けたのに完全に魅せられていた。荒れ狂う
波が真の拳ならば、それを乗り越える日が来るのか分からない。俺には真の様
に悟れないからだ。
 それでも俺は遠のく意識の中で再戦を堅く決意した。真の闘う姿は俺には美
しく魅力的だからだ。その美しさは鑑賞するものではなく肌で感じるものだと
俺は揺るぎない確信を持っていた。

続きを読む

ぶっこみの拓海

 今度の対戦相手は不良上がりだと聞いていた。俺はどうもこの手の相手が好
かない。最も大事な時期に無駄にエネルギーを浪費している。中には格闘技を
始めて立ち直る奴も居るがそういう奴は俺に言わせれば稀だ。
 今回の相手はどうだろうか?俺はそれを見極めるつもりでリングに上がるつ
もりだった。そんな俺に衝撃的な一言が告げられた。対戦相手はアイドルで女
相手のエキシビジョン。
 俺は女が格闘技をする事に嫌悪感しかなかった。どんなに鍛えようと体力も
腕力も男に劣る。はっきり言ってそんなものはお遊戯くらいにしか思っていな
い。
 俺は対戦相手に思い上がりだと思い知らせるために入念に調整した。元不良
と言うのも気に入らないと言う事もあり、調整は一層力が入る。
 遂に試合の日が訪れる。眼の前に立つ女は向井拓海と呼ばれ、不良どもが好
んで身に付ける紫色で彩られたタンクトップにトランクス、リングシューズを
身に纏っていた。
 唯一、グローブは赤かったがそれも俺には気に喰わなかった。俺のグローブ
は青。格下扱いされている気がしてならない。
 だが、俺はそんな思いを抑え込んだ。冷静さを失えば勝てるものも勝てなく
なる。そして遂に試合が開始された。
 相手は俺よりウェイトで劣っている。フットワークを駆使して俺を撹乱して
くるだろうと踏んでいたが、拓海はジリジリと間合いを見極めてくる。
 打ち合うつもりなら話は早い、さっさと終わらせてしまおう。俺はそう考え
拳を繰り出した。
 だが、それは風切り音とともに虚しく空を切る。それと同時に俺の顔から弾
ける打撃音。
 一瞬、その姿勢を保つ二人。見れば拓海は紙一重で俺の拳を躱し反撃の手を
繰り出していた。口元には不敵な笑みを張り付かせている。
 その様子に俺はこれが偶然ではないことを悟った。気を取り直し一発、二発、
三発とコンビネーションを繰り出す俺。再び拓海はそれを躱していく。
 しかし、三発目は二発目が躱されたことを織込み済みの攻撃。それもあっさ
りとパーリングで逸らされた。
 続いて拓海のコンビネーションが俺に降り注ぐ。想像以上に重い打撃音と共
に俺はぐらついてしまう。
 拓海はどうやら階級以上のパンチを持っているようだ。俺はその事実に焦り
はしなかった。世の中にはそういう奴も存在する。
 俺は努めて冷静に闘いを進めた。俺の一発が当たれば拓海は崩折れる程の細
身。それで相手は身の程を思い知る。
 時間は刻々と過ぎていった。俺の拳は一切、拓海に触れること無く、拓海の
拳は俺の脳を揺さぶり、肉体を切り刻み内蔵を抉り蝕み続ける。
「悪いね。あんたの動きわかりやすいよ。木刀や金属バットを振り回してくる
素人のほうが何をしでかすかわからなくて怖いぜ」
 あいも変わらず俺の拳を紙一重でかわしながらカウンターを繰り出してくる
拓海がそう言う。
 しかし、そう言う拓海の攻撃が大振りになってきたのを俺は見逃さなかった。
右手を大きく振りかぶった瞬間、俺は懐に潜り込みつつボディストレートを繰
り出そうとする。
「遅いんだよ!オラァッ!」
 そう聞こえると同時に俺の視界が左下へ急転した。そのまま崩れ落ちそうに
なる俺。
 そこへ鳩尾から背中へと突き抜ける衝撃と浮遊感を味わう。俺の身体が浮く
ほどのボディアッパー。それが正体だった。
「どうした?プロの戦いってやつを見せてくれよ」
 俺は鳩尾を拓海の拳を突き立てられたまま、これ以上は戦えないことを悟っ
た。
 拓海の拳が俺の腹から引き抜かれると同時にマットが徐々に近付き始める。
しかし、俺はその様子を最後まで見届けることができなかった。

続きを読む

twitter
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。