FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春麗vsバルログ 空中演舞

 スペイン、レケナの螺旋塔、四方を金網で囲まれた闘技場で痩身だが筋肉質
で蛇の刺青を入れた仮面の男と青いチャイナドレスの女が対峙していた。
「貴様が春麗か…ようこそ、私の名はバルログ、美しいものにふさわしい、美
しい死を与えてやろう」
 右足を引き、鉤爪を装備した右手を体に添え、左手を横方向へ水平に差し出
し頭を下げるバルログ。その姿は口調と相まって貴族然としていたが、どこか
狂気を感じさせるものだった。
「あらあら、殺すなんて穏やかじゃないわね。もっとも、話し合いで済むとも
思っていなかったけど」
 両手を腰に当て呆れたと言わんばかりの態度を示す春麗と呼ばれた女。切れ
長の瞳、その目尻には紅色のアイシャドウ、薄い唇にも紅が塗られている。頭
髪は二つのシニヨンに纏められ白いカバーで覆っていた。顕になった耳朶には
ピアスが付けられている。
「シャドルー幹部、バルログ。貴方に重要参考人として同行を要請します……
と言っても聞くわけないわよね、さぁ、はじめましょうか」
 余裕の口調でバルログへと手招きをする春麗。その挑発に応えるかのように
バルログは鉤爪の付いた右手を振りかざし一気に間合いを詰めた。

続きを読む

twitter
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。